アイリックコーポレーション <7325> (東マ)は、来店型保険ショップ「保険クリニック」を直営とFCで全国展開し、Fintech企業としての成長を目指している。19年6月期大幅増収増益予想である。株価は高値更新の展開だ。自律調整を交えながら上値を試す展開が期待される。
 
■来店型保険ショップ「保険クリニック」やシステム開発を展開
 
 18年9月東証マザーズに新規上場した。自社開発した保険分析・検索システムを活用して来店型保険ショップ「保険クリニック」を直営とFCで全国展開している。18年12月末時点の店舗数は直営34店舗、FC153店舗である。Fintech企業としての成長を目指し、19年1月には保険証券をテキストデータ化する「保険証券OCRサービス」も開始した。
 
 事業区分は、保険販売事業(保険ショップ直営店売上)、ソリューション事業(保険ショップFC店の初期登録料・月額利用料・ロイヤリティ・共同募集手数料・ASシステム利用料)、システム事業(保険分析・販売支援等のシステム受託開発、スマートOCRなど)としている。
 
■19年6月期大幅増収増益予想
 
 19年6月期連結業績予想は、売上高が18年6月期比15.9%増の35億84百万円、営業利益が66.6%増の4億44百万円、経常利益が75.7%増の4億41百万円、純利益が75.4%増の3億06百万円としている。
 
 第2四半期累計は売上高が17億59百万円、営業利益が2億24百万円だった。保険販売事業が好調に推移して売上高、営業利益とも計画を上回った。そして通期予想に対する進捗率は売上高49.1%、営業利益50.5%と順調だった。通期ベースでも好業績を期待したい。
 
■株価は高値更新の展開
 
 株価は高値更新の展開だ。3月7日には3165円まで上伸した。自律調整を交えながら上値を試す展開が期待される。3月7日の終値は3050円、今期予想連結PERは約39倍、時価総額は約127億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)