ドル円は小動き。ADP雇用者数や貿易収支の結果にも反応せず、111円台半ばから後半で推移。米長期金利がやや低下したことで、111円62銭まで売られる。ユーロドルは水準をやや下げ、1.1286まで下落。本日のECB会合で、景気見通しを引き下げるとの観測が重石に。株式市場は続落。米中通商協議にメドがたったことや、景気見通しが下方修正されたことが手がかりとなり、ダウは133ドル下落し、3日続落。債券相場は続伸。世・・・・

続きを読む