ユニオンツール <6278> は世界首位のPCBドリルを主力とする大手切削工具メーカーである。19年12月期は需要減速や一時的費用の影響で減収減益予想としている。ただし株価は下値固め完了感を強めている。減収減益予想は織り込み済みのようだ。出直りを期待したい。
 
■世界首位のPCBドリルが主力
 
 世界首位のPCBドリル(電子回路基板用超硬ドリル)や、超硬エンドミルを主力とする大手切削工具メーカーである。直動軸受なども展開している。
 
■19年12月期減収減益予想
 
 19年12月期の連結業績予想は、売上高が18年12月期比6.2%減の230億円、営業利益が33.0%減の28億円、経常利益が30.7%減の30億円、純利益が25.7%減の24億円としている。
 
 減収減益予想である。18年12月期第4四半期から中国市場においてスマホやメモリ関連の需要が急減速した影響が残り、上海工場移転に伴う一時的な費用の増加や稼働率の低下、さらに働き方改革の一環として取り組んでいる賃金制度改革によるコスト増加も影響する。
 
■株価は下値固め完了感
 
 株価は安値圏3000円近辺でモミ合う展開だが、19年12月期減収減益予想に対するネガティブ反応が限定的であり、12月安値2688円まで下押すことなく推移して下値固め完了感を強めている。減収減益予想は織り込み済みのようだ。出直りを期待したい。3月6日の終値は2982円、今期予想連結PERは約21倍、時価総額は約590億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)