中国の国家運営の大方針を決める全国人民代表大会(全人代)が開幕した。大和総研経済調査部の主席研究員 齋藤尚登氏は3月6日、「全人代、構造改革よりも成長を優先」と題したレポート(全5ページ)を発表し、今年の特徴を「構造改革よりも成長維持を優先する姿勢が示された」と解説した。レポートの要旨は、以下の通り。 ◆3月5日に第13期全国人民代表大会(全人代)第2回会議が開幕し、2019年の政府成長率目標は前年比・・・・

続きを読む