急成長中の大手格安航空会社(LCC)ベトジェットエア[VJC](Vietjet Air)はハノイ市で27日、米ボーイング社(Boeing)との間でボーイングB737MAX型機100機の購入契約を締結した。契約額は127億USD(約1.4兆円)。

  締結式は、米朝首脳会談でベトナムに滞在している米国のドナルド・トランプ大統領とグエン・フー・チョン書記長 兼 国家主席の立会いのもとで行われた。

  また、VJCは同日、米国のゼネラル・エレクトリック(General Electric=GE)との間で、航空機用エンジンの購入およびメンテナンスサービスに関する契約も締結した。契約額は53億USD(約5800億円)となっている。(情報提供:VERAC)