東京市場のドル/円は110.70円台まで小反落する展開でした。アジア株が弱含む中、前日のNY市場のドル買いの流れが一服した格好です。欧米市場の動きが気になるところですが、まずは注目材料を確認しておきましょう。

2/28(木)
16:00☆トランプ米大統領、会見(米朝首脳会談)
16:00 トルコ1月貿易収支
16:45 仏2月消費者物価指数・速報値 
16:45 仏10-12月期GDP・改定値
17:00 スイス2月KOF景気先行指数
17:30 スウェーデン10-12月期GDP
18:30 南ア1月生産者物価指数 
21:00 南ア1月貿易収支
22:00☆独2月消費者物価指数・速報値 
22:00 クラリダFRB副議長、講演 
22:30 カナダ10-12月期経常収支
22:30 カナダ1月鉱工業製品価格
22:30 カナダ1月原料価格指数 
22:30☆米新規失業保険申請件数 
22:30☆米10-12月期GDP・速報値
22:30☆米10-12月期個人消費
22:30 米10-12月期コアPCE
22:50 ボスティック米アトランタ連銀総裁、講演 
23:45 米2月シカゴPMI
25:00 ハーカー米フィラデルフィア連銀総裁、講演 
27:00 カプラン米ダラス連銀総裁、講演 

3/1(金)
08:30  日本1月失業率
09:00 メスター米クリーブランド連銀総裁、講演
10:15☆パウエルFRB議長、講演
10:45☆中国2月財新製造業PMI 
※☆は特に注目の材料

 米朝首脳会談は昼食会を取り止めて記者会見を前倒しで行う模様です。なにか不測の事態が起きたのではないかとの見方も出ており、トランプ米大統領の会見に注目が集まっています。その後も、今夜は月末らしく注目イベントが盛りだくさんです。中でも注目は米10-12月期国内総生産(GDP)・速報値でしょう。市場予想は前期比年率+2.2%と7-9月期(+3.4%)からの減速が見込まれています。その他、月末最終日のロンドンフィキシング(25時)前後の不規則変動にも注意です。

(欧米時間のドル/円予想レンジ:110.200-111.300円)

(執筆:外為どっとコム総合研究所  編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)