Kudan <4425> (東マ)は、昨年12月19日に東京証券取引所マザーズに上場。同社グループは、機械(コンピュータやロボット)の「眼」に相当するAP(人工知覚)のアルゴリズムを専門とするDeepTech(深層技術)の研究開発を行っている。AP(人工知覚)は機械の「脳」に相当するAI(人工知能)と並んで相互補完するDeep Tech(深層技術)として、機械を自律的に機能する方向に進化させる技術。さらにAI(人工知能)やIoT(Internet of Things)との技術融合に向けたMachine Perception(機械知覚)、Deep Perception(深層知覚)及びNeutral Perception Network(知覚ニュートラルネットワーク)に関する研究開発も進めており、今後幅広い産業での応用と普及を見込んでいる。
 
 同社グループはAP(人工知覚)の基幹技術の一つであるSLAMの独自開発を続けているが、前2018年3月期には、SLAMをソフトウェアライセンス化したKudanSLAMを様々な先端技術企業に対して提供を開始し、今19年3月期業績に貢献している。更に将来のAP(人工知覚)の普及と応用可能性から、特定の技術領域や産業での利用に限定されず幅広い範囲で高成長が続く見通し。
 
 2月8日大引け後に発表した今2019年3月期第3四半期業績実績は、売上高3億3600万円、営業利益1億5400万円、経常利益1億3100万円、純利益1億3100万円に着地。
 
 今19年3月期業績予想は、売上高3億6300万円(前期比77.6%増)、営業損益1億0400万円の黒字(同300万円の赤字)、経常利益1億円(同400万円)、純利益1億円(同300万円)を見込む。年間配当予想は、無配を予定している。
 
 株価は、昨年12月26日につけた上場来安値9820円から2月1日高値2万1950円と上昇。同15日安値1万4780円まで調整を挟んで同27日に連日の上場来高値更新の2万5160円と買い進まれている。今19年3月期第3四半期決算は計画通りに推移。2月26日に次世代コンピュータービジョンの実現に向けて、米シノプシスとパートナーシップを締結すると発表。これを材料視した買いが入っている。米シノプシスは、半導体設計からソフトウェア開発に至る領域をカバーするソリューションを提供しているが、両社は、コンピュータ・ビジョン・デバイスの性能と電力効率を向上させるために協力し、ロボット、ドローン、自動車、AR/VR、IoTなど、幅広いスマートデバイスを対象とした性能と電力効率の完璧な組み合わせを実現することに対する期待感が高まっている。足元で、25日移動平均線がサポートしており、期待先行ながら押し目買い優位に上値を伸ばす可能性がありそうだ。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)