東京時間に110円36銭まで売られたドル円は再び反発。米長期金利が上昇したことや、英議会が離脱に関する政府方針を承認したことで円売りが強まり111円07銭まで上昇。ユーロドルは1.13台半ばから後半で小動き。株式市場はまちまちながら、ダウは続落。ライトハイザーUSTR代表が、楽観的な米中通商協議の見通しをけん制する発言を行ったことが材料となった。ナスダックは小幅ながら反発。債券相場は反落。長期金利は2.68・・・・

続きを読む