霞ヶ関キャピタル <3498> (東マ)は、自然エネルギー事業と不動産コンサルティング事業を2本柱としている。19年8月期大幅増収増益予想である。株価はIPO後の落ち着きどころを探る段階だが、急反発して底打ち感を強めている。

  ■自然エネルギー事業と不動産コンサルティング事業が2本柱

 

 18年11月東証マザーズに新規上場した。自然エネルギー・・・・

続きを読む