ディ・アイ・システム <4421> (JQ)は、システム開発・インフラ構築のシステムインテグレーション事業を主力としている。19年9月期は利益横ばい予想だが、配当は増配予想である。株価は反発力が鈍くIPO後の落ち着きどころを探る段階だが、ほぼ底値圏だろう。
 
■システム開発・インフラ構築のシステムインテグレーション事業が主力
 
 18年10月JASDAQに新規上場した。システム開発・インフラ構築のシステムインテグレーション事業を主力として、教育サービス事業も展開している。通信、金融、官公庁向けのシステム開発が中心である。
 
■19年9月期利益横ばいだが増配予想
 
 19年9月期連結業績予想は、売上高が18年9月期比16.7%増の39億14百万円、営業利益が1.8%増の2億25百万円、経常利益が0.9%減の2億21百万円、純利益が1.1%減の1億35百万円としている。
 
 第1四半期は売上高が8億32百万円、営業利益が34百万円、経常利益が19百万円、純利益が10百万円だった。通期は企業のIT投資が高水準に推移して2桁増収だが、人件費や外注費の増加で利益は横ばい予想としている。なお配当予想は2円増配の年間25円(期末一括)としている。
 
■株価は底値圏
 
 株価は反発力が鈍くIPO後の落ち着きどころを探る段階だが、18年12月安値1134円を割り込むことなく推移している。ほぼ底値圏だろう。2月27日の終値は1662円、今期予想連結PERは約18倍、時価総額は約25億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)