香港の建設会社である偉工控股(01793)は2月27日に香港メインボードに上場した。公募価格0.625香港ドルに対し、初値は0.62香港ドルだった。
 
 同社は、建設業界で約35年の歴史がある香港で老舗の請負業者。公募による資金調達額9550万香港ドル(約13.47億円)は、ビル建設プロジェクトの入札への参加など、既存の事業の強化のために利用する。
 
 2018年3月期の売上高は9.81億香港ドル(前年同期比35.83%増)、税前利益は5030万香港ドル(同31.98%増)。
 
 2018年7月期(4カ月)の売上高は3.40億香港ドル(前年同期比20.79%増)、税前利益は480万香港ドル(同72.96%減)。(イメージ写真提供:123RF)