イボキン <5699> (JQ)は建物解体事業、産業廃棄物収集運搬・中間処理・再生資源販売の環境事業、金属系再生資源を鉄鋼メーカーなどに納入する金属事業を展開している。18年12月期は増収増益予想だった。19年12月期は減価償却費が減少して大幅増益・増配予想である。株価は底打ちして戻り歩調だ。出直りを期待したい。
 
■解体事業、環境事業、金属事業を展開
 
 18年8月JASDAQに新規上場した。ビルやプラントなど建物解体工事を施工する解体事業、産業廃棄物収集運搬および中間処理・再生資源販売を行う環境事業、鉄・非鉄など金属類のみを集荷・加工して製鋼原材料など金属系再生資源を鉄鋼メーカーなどに納入する金属事業を展開している。
 
■19年12月期大幅増益・増配予想
 
 18年12月期連結業績は売上高が17年12月期比13.4%増の64億65百万円、営業利益が5.5%増の2億80百万円、経常利益が14.3%増の3億17百万円、純利益が11.6%増の2億23百万円だった。金属事業が鉄スクラップ価格下落の影響で26.2%減益だったが、解体事業が好調な需要で29.7%増益、環境事業が好調な需要や価格転嫁で64.9%増益と牽引した。
 
 19年12月期の連結業績予想は、売上高が18年12月期比0.3%増の64億87百万円、営業利益が44.4%増の4億05百万円、経常利益が28.3%増の4億07百万円、純利益が23.5%増の2億75百万円としている。売上高は横ばいだが、減価償却方法を定率法から定額法に変更して減価償却費が約1億円減少するため、大幅増益予想である。配当予想は3円増配の年間30円(期末一括)としている。
 
■株価は底打ちして戻り歩調
 
 株価18年12月安値1398円から切り返し、2月25日には2047円まで上伸した。底打ちして戻り歩調だ。出直りを期待したい。2月25日の終値は2031円、今期予想連結PERは約13倍、時価総額は約35億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)