アズ企画設計 <3490> (JQ)は、収益賃貸マンションやビジネスホテルなどを売買する不動産販売事業を主力としている。19年2月期業績は2月12日に下方修正して減収減益予想となったが、20年2月期収益拡大を期待したい。株価は12月安値で底打ちして下値を切り上げている。下方修正に対するネガティブ反応は限定的であり、出直りを期待したい。
 
■不動産販売事業を展開
 
 18年3月JASDAQに新規上場した。首都圏1都3県(東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県)エリアを中心に、収益賃貸マンションやビジネスホテルなどを売買する不動産販売事業を主力として、不動産賃貸事業、不動産管理事業も展開している。収益面では下期偏重の特性がある。
 
■19年2月期下方修正して減収減益予想、20年2月期収益拡大期待
 
 19年2月期の非連結業績予想は2月12日に下方修正して、売上高が18年2月期比16.1%減の53億51百万円、営業利益が40.2%減の2億39百万円、経常利益が45.7%減の1億91百万円、純利益が41.2%減の1億61百万円とした。
 
 投資用不動産に対する金融機関の融資姿勢の厳格化などの影響で、売却を見込んでいた販売用不動産の販売件数が伸び悩んだ。20年2月期の収益拡大を期待したい。
 
■株価は下値切り上げ
 
 株価は18年12月安値1120円で底打ちして下値を切り上げている。下方修正に対するネガティブ反応は限定的であり、出直りを期待したい。2月22日の終値は1485円、今期予想連結PERは約8倍、時価総額は約14億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)