共和コーポレーション <6570> (東2)は長野県を地盤とするアミューズメント施設運営事業、およびアミューズメント機器販売事業を展開している。19年3月期(第4四半期から非連結に移行)は営業・経常減益だが、特別利益を計上して最終増益予想である。株価は12月安値で底打ち感を強めている。出直りを期待したい。
 
■長野県地盤にアミューズメント施設運営
 
 長野県を地盤とするアミューズメント施設運営事業、およびアミューズメント機器販売事業を展開している。アミューズメント施設の新規出店および積極的なM&Aの活用によって業容を拡大している。
 
 アミューズメント施設運営事業は「APINA」およびM&Aした「YAZ」「GAMECITY」の3ブランドを展開し、18年12月5日現在の店舗数は合計52店舗である。18年12月にはスクウェアワンが事業分割して設立する新会社の全株式を譲り受けると発表した。19年2月中に3店舗を譲り受ける予定だ。アミューズメント機器販売事業は全国の他社施設向けに機器や景品を販売している。
 
■19年3月期営業・経常減益だが、特別利益計上で最終大幅増益予想
 
 19年3月期業績予想(YAZアミューズメントおよびシティエンタテインメントを吸収合併して第4四半期から非連結決算に移行)は、18年3月期個別実績との比較で、売上高が14.6%増の119億47百万円、営業利益が29.2%減の3億20百万円、経常利益が9.3%減の4億19百万円、純利益が2.9倍の7億50百万円としている。
 
 新規出店やM&A効果などで増収だが、新規出店費用の増加などで営業・経常減益予想である。純利益は特別利益に抱き合わせ株式消滅差益5億68百万円を計上して大幅増益予想である。
 
■株価は底打ち感
 
 株価(18年9月1日付で株式2分割)は12月の安値480円で底打ち感を強めている。出直りを期待したい。2月22日の終値は635円、今期予想PERは約5倍、時価総額は約38億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)