中国の政府経済成長率目標などの主要経済目標が発表される全国人民代表大会(全人代)が3月5日から開催される。今年は昨年のGDP成長率6.5%前後より低い目標が設定されると目されているが、結果はどうなるだろう? 大和総研経済調査部の主席研究員 齋藤尚登氏は2月21日、「中国:急減速回避でたまるツケ 再びの投資依存とリスク含みの貸出急増」と題したレポート(全8ページ)を発表し、中国が過度な景気対策を実施した場合、・・・・

続きを読む