Hamee <3134> は、スマホ・タブレット向けアクセサリーを販売するコマース事業を主力として、クラウド型EC事業者支援のプラットフォーム事業も展開している。19年4月期増収増益・増配予想である。株価は第2四半期累計の2桁営業減益を嫌気して急反落したが、売り一巡して反発を期待したい。
 
■コマース事業を主力にプラットフォーム事業も展開
 
 スマホ・タブレット向けのクセサリーを販売するコマース事業を主力として、EC自動化プラットフォーム「ネクストエンジン」によるクラウド型EC事業者支援のプラットフォーム事業も展開している。収益面では、スマホ新機種発表やクリスマス需要などの影響で、第1四半期の構成比が小さく、第3四半期の構成比が高くなる季節特性がある。
 
 18年4月EC事業者向けコンサルティング会社のJSコンサルティングを子会社化(Hameeコンサルティングに商号変更)した。18年8月韓国子会社がPNS社のモバイルアクセサリー事業を譲り受けた。19年1月にはIoT事業に参入し、第一弾として音声メッセージロボットを発売した。
 
■19年4月期増収増益・増配予想
 
 19年4月期連結業績予想は、売上高が18年4月期比8.9%増の102億14百万円、営業利益が1.7%増の14億03百万円、経常利益が9.8%増の13億91百万円、純利益が12.2%増の9億79百万円としている。配当予想は1円増配の年間6円50銭(期末一括)としている。
 
 第2四半期累計は、売上高が前年同期比10.2%増収、営業利益が15.2%減益、経常利益が0.2%減益、純利益が8.5%増益だった。コマース事業、プラットフォーム事業とも好調に推移して2桁増収だが、新サービス関連の先行投資負担で2桁営業減益だった。
 
 第2四半期累計の進捗率は売上高45.4%、営業利益33.2%だが、第1四半期の構成比が小さく、第3四半期の構成比が高い季節特性がある。通期ベースで好業績を期待したい。
 
■株価は売り一巡して反発期待
 
 株価は第2四半期累計の2桁営業減益を嫌気して12月の戻り高値圏1800円台から急反落した。そして2月18日には772円まで下押したが、売られ過ぎ感を強めている。売り一巡して反発を期待したい。2月20日の終値は821円、今期予想連結PERは約13倍、時価総額は約132億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)