米経済誌フォーブス(Forbes)が発表した2月16日時点での世界長者番付に、ベトナムから不動産開発大手ビングループ[VIC](Vingroup)のファム・ニャット・ブオン会長(男性・50歳)と、格安航空会社(LCC)最大手ベトジェットエア[VJC](Vietjet Air)のグエン・ティ・フオン・タオ社長(女性・47歳)、チュオンハイ自動車[THACO](Truong Hai Automobile)のチャン・バー・ズオン会長の3人が入った。

  この中で、VICのブオン会長はベトナム人として初めて世界長者番付でトップ200入りを果たした。同時点におけるブオン会長の資産はテト(旧正月)前の66億USD(約7300億円)から75億USD(約8300億円)に増えており、198位に立っている。

  VIC株価は年明けから5営業日で+13%上昇しており、11万2000VND(約540円)で推移している。これにより、時価総額は+42兆VND(約2030億円)増の357兆5000億VND(約1兆7300億円)に増加している。

  ブオン会長の資産がテト後に+10億USD(約1100億円)増加したのに対し、タオ社長とズオン会長はほぼ変わらなかった。世界長者番付では、タオ社長が1014位、ズオン会長が1329位に立っている。(情報提供:VERAC)