昨日のドル/円は110円台半ばで小動きに始終。アジアや欧州の株価が上昇したため底堅く推移したが、米国が祝日とあって動意を欠く中では上値も伸びなかった。

 本日は、米国勢が祝日明けで市場に復帰するものの、ドル/円相場への直接的な手掛り材料は多くない。主要国の株価動向を睨んだ展開となりそうだ。株価が崩れなければ日足一目均衡表の転換線(110.37円前後)は下値支持になるだろう。上値抵抗は14日高値の111.13円前後と考えられる。なお、米中通商協議や米国の自動車関税に関する突発的なニュースは、株式市場でも材料視される公算が大きいため要注意だろう。
本日の予想レンジ:110.200-111.200円(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)