豪中銀(RBA)は今月5日の理事会にて政策金利を史上最低の1.50%に据え置いた上で「政策スタンスを維持する事が、持続可能な経済成長と時間をかけたインフレ目標の達成に整合的」とする概ね従来通りの声明を発表した。ところが、翌6日にロウRBA総裁が講演を行い「政策金利の見通しは、これまでよりも(利上げと利下げで)均衡している」と発言。「次の一手は利下げよりも利上げの可能性が高い」としていた従来の見通しを引き下げ・・・・

続きを読む