■4月、6月に2工場が稼働し次第に業績寄与を強める
 
 ケンコーマヨネーズ <2915> は2月18日、再び出直りを強め、10時30分を過ぎて2260円(100円高)と上げ幅を広げている。2月8日に第3四半期決算を発表し、翌取引日の12日は159円高と久々の大幅高。新工場の稼働効果が次第に顕在化してきたことが示され、業績上振れ期待が出ている。
 
 第3四半期決算を2月8日に発表し、連結営業利益(2018年4~12月、累計)は前年同期比30.1%減の23.81億円だったものの、据え置いた通期の業績見通し29.20億円に対しては82%を確保した。経常利益も通期見通しの80%に達した。
 
 また、期初から四半期ごとの営業利益額を見てみると、第1四半期(4~6月)は7.48億円、第2四半期(7~9月)は7.08億円、それが第3四半期(7~9月)は9.25億円と大きく拡大した。
 
 18年4月にダイエットクック白老(北海道)の新工場が稼働し、同年6月には関東ダイエットクック神奈川工場(神奈川県)が稼働。人員面での先行投資やな立ち上げ関連費用が先行したが、第3四半期は新工場の稼働効果が顕在化する形になっている。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)