ブリッジインターナショナル <7039> (東マ)は法人営業改革を支援するインサイドセールス事業を展開している。19年12月期増収増益予想である。サービス事業基盤強化を推進する。収益拡大を期待したい。株価は底打ちして戻り歩調だ。出直りを期待したい。
 
■インサイドセールス事業を展開
 
 18年10月東証マザーズに新規上場した。BtoB企業(法人対象に商品・サービスを提供する企業)に対して、インサイドセールス(顧客には訪問せず電話やメールを活用して営業活動を行う手法)の導入によって、法人営業改革を支援するインサイドセールス事業を展開している。主力は売上高の約8割を占めるインサイドセールスアウトソーシングサービスである。
 
■19年12月期増収増益予想で収益拡大期待
 
 18年12月期非連結業績は、売上高が17年12月期比4.6%増の29億12百万円、営業利益が18.2%増の3億48百万円、経常利益が11.6%増の3億31百万円、純利益が10.8%増の2億18百万円だった。新規顧客開拓などで人件費増加などを吸収し、計画を上回る増収増益だった。
 
 19年12月期非連結業績予想は、売上高が18年12月期比13.0%増の32億92百万円、営業利益が4.4%増の3億63百万円、経常利益が3.4%増の3億42百万円、純利益が4.5%増の2億28百万円としている。サービス事業基盤の強化に向けて、都心への事務所拠点の拡張やリソースの確保への投資を実行する方針だ。収益拡大を期待したい。
 
■株価は底打ちして戻り歩調
 
 株価は12月安値2531円から切り返し、2月12日には4180円まで上伸した。底打ちして戻り歩調だ。出直りを期待したい。2月15日の終値は3870円、今期予想PERは約29倍、時価総額は約66億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)