自律制御システム研究所 <6232> は、昨年12月21日に東京証券取引所マザーズに上場。同社は、「ドローンは、空の産業革命をもたらす」を経営ビジョンに掲げ、自律制御を核とする自社保有技術及びインダストリアル向けドローン・プラットフォーム「ACSL-PF1」を軸に、各分野のクライアントに対し、業務効率化・無人化を目指した各種用途向けのインダストリアル向けドローン・ソリューションを展開している。
 
 ドローン分野において既存の大手企業を中心としたコアクライアントとの継続案件への取り組みに加え、新規案件・クライアントの獲得を進めている。また、ドローン分野以外においても、Visual-SLAM(画像処理による事故一推定)技術を中心として、同社制御システムの展開を開始している。開発においては、画像処理(Vision)を軸とした自律制御・エッジ処理の高度化、飛行性能及び安全品質を支える基盤技術向上、操作に関連するユーザーインターフェース強化等に加え、ACSL-PF1に続く次期プラットフォーム開発に向けた投資を継続している。
 
 12日大引け後に発表した今2019年3月期第3四半期業績実績は、売上高4億1400万円、営業損益3億7400万円の赤字、経常損益2億1500万円の赤字、最終損自律制御システム研究所 <6232> (東マ)は、昨年12月21日に東京証券取引所マザーズに上場。同社は、「ドローンは、空の産業革命をもたらす」を経営ビジョンに掲げ益2億1800万円の赤字に着地。売上は前年同期間に比べて82%成長、前年度累計と比較しても12%増加。売上拡大に伴い、売上総利益率も改善し、営業赤字等も縮小している。
 
 今19年3月期業績予想は、売上高8億0300万円(前期比2.2倍)、営業赤字3億0200万円の赤字(同5億4200万円の赤字)、経常損益1億5000万円の赤字(同4億5400万円の赤字)、最終損益1億5000万円の赤字(同4億6000万円の赤字)を見込む。年間配当予想は、無配を予定している。
 
 株価は、昨年12月25日につけた上場来安値2133円から本年1月15日高値3945円、2月1日に上場来高値4180円と買われた後、モミ合っている。年間を通じたプロジェクトなど案件大型化により、売上は第4四半期に集中する傾向があり、受注は計画通りで、今19年3月期売上高は計画通りに推移する見通しだが、インフラ点検、物流・郵便、防災・災害対応等でのドローン利活用が本格化に対する期待感からの買いは一巡した感があり、上値の重い展開となっている。刺激材料が出れば、急伸することも期待されるが、目先は、3500円前後が下値となるか見極めるところだろう。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)