ドル円は111円台から反落。小売売上高などの経済指標が予想外に低調だったことで、ドルに対する楽観的な見方が一変。一時は110円46銭近辺まで売られ、この日の安値圏で引ける。ユーロドルは1.13台を回復する場面もあったが、ドイツのGDPが横ばいで、依然景気の先行きは厳しいとの見方がユーロの上値を抑える。

 株式市場は反落。ダウは3日ぶりに下落したが、ナスダックは小幅に上昇し、4日続伸。債券・・・・

続きを読む