ドル円は続伸し、111円06銭までドル高が進む。米中通商協議の進展や、米政府機関再閉鎖が回避できるとの見方から、円売りが加速。ユーロドルは再び1.13を割り込み、1.1260まで下落。ユーロ圏の鉱工業生産が予想を下回り、ユーロ圏の景気鈍化が確認されたことでユーロ売りが再燃。株式市場は政府機関閉鎖のリスクが低下したことを材料に続伸。ダウは117ドル上昇し、2カ月半ぶりに2万5500ドル台を回復。債券相場は4日・・・・

続きを読む