日経平均株価は先週金曜日は前日比マイナス400円超の大幅安。下値メドを探ってみましょう。日経平均は、昨年12月、予想がドンピシャで的中して1万9千円(厳密には日経225先物価格1万8800円)で底打ち。その後、1月は「2万円台半ばから2万1千円あたり」までなら回復すると予想。完璧に、想定通りの展開となっています。

 さて、これから2月後半の見通しについて。現時点では、チャート分析の観点では、年末に底打ちしてからの回復・上昇トレンドが一旦、腰折れた形となっています。株安メドは、一番近いところで2万100~200円あたり。そのあたりであっさり下げ止まる可能性もあると考えられますが、先週末・・・・

続きを読む