「人生100年時代」というフレーズが金融機関などで広く使われ、日本でも「ESG投資」への関心が高まっている。2月5日には東京都が第1回「東京金融賞」を表彰し、「ESG投資部門」として4つの会社の取り組みを讃えた。2月20日にJapan Times ESG推進コンソーシアム(代表:堤丈晴=ジャパンタイムズ代表取締役社長)が開催する「ESG経営フォーラム2019」では、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)理事長の髙橋則広氏がESG投資に関する基調講演を行う他、日本の企業のESGに関する最新の取り組みが紹介される。

 

 ウミガメの鼻にささってしまったプラスチック製のスト・・・・

続きを読む