地場系コングロマリット(複合企業)ビングループ[VIC](Vingroup)傘下のビンファスト(VinFast)は、10日間にわたる一般からの意見聴取を経て、自社ブランドの新車シリーズ「プレミアム(Premium)」(略称:プレ=Pre)のデザイン案の投票結果を発表した。

  投票専用ウェブサイト<www.binhchonmauxe.vinfast.vn>のデータベース抽出結果によると、ピニンファリーナ(Pininfarina)の提出したデザイン4案の投票率が、Aクラス(小型車)、Bクラス(ハッチバック、クロスオーバーSUV)、Cクラス(セダン、クロスオーバーSUV)の各部門で最も高かった。

  また、Dクラス(セダン、SUV、ミニバン)では、トリノ(Torino)とイタルデザイン(Ital Design)の2社の提出したデザイン3案が最も人気を集めた。

  これに先立ち、ビンファストは新車シリーズのデザイン35案を発表していた。デザイン案は、世界的に有名なイタリア系設計事務所3社(ピニンファリーナ、トリノ、イタルデザイン)がデザインしたもの。一般からの意見聴取を通じて需要を把握した上で、2020年中にも新車シリーズを発表する。(情報提供:VERAC)