and factory <7035> (東マ)は、マンガアプリ関連やIoTを活用したホテル関連を展開している。19年8月期大幅増収増益予想である。株価は高値圏で推移している。IPO後の落ち着きどころを探る段階だが、上値を試す可能性がありそうだ。
 
■マンガアプリ関連やIoT活用したホテル関連を展開
 
 18年9月東証マザーズに新規上場した。Smartphone APP事業(出版社との協業によるマンガアプリ開発・販売)を主力として、IoT事業(IoT体験型宿泊施設のスマートホステル「&AND HOSTEL」企画・開発・プロデュース、宿泊管理システム「innto」や客室タブレットサービス「tabii」等の販売)、その他事業(インターネット広告代理サービス・記事制作サービス等)を展開している。
 
■19年8月期大幅増収増益予想
 
 19年8月期の非連結業績予想は、売上高が18年8月期比60.2%増の30億70百万円、営業利益が40.0%増の5億11百万円、経常利益が39.7%増の5億04百万円、純利益が34.3%増の3億50百万円としている。
 
 第1四半期は売上高が4億69百万円、営業利益が42百万円、経常利益が37百万円、純利益が25百万円だった。マンガアプリの好調が牽引し、売上高、営業利益とも計画を上回って着地した。そして通期も大幅増収増益予想である。好業績が期待される。
 
■株価は上値試す
 
 株価は高値圏で推移している。1月25日には5680円まで上伸した。IPO後の落ち着きどころを探る段階だが、上値を試す可能性がありそうだ。1月31日の終値は4890円、今期予想PERは約65倍、時価総額は約231億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)