三井住友アセットマネジメントの株式運用グループ シニアファンドマネージャーの秋山悦朗氏(写真)は、2019年1月に開催された個人投資家向けセミナーで、「Jリートでの運用に、アジアリートを付加することで、よりバランスの良い運用が可能になる」と提案した。秋山氏の講演の要旨は以下の通り。 <魅力あるJリートに成長するアジアリートを加える>

 2018年は、Jリートが年間で11%上昇し、世界のリート市場でもっとも高いリターンをあげた。日本株は9.1%マイナスで、株式市場の価格が大きく変動する中で、リート市場は底堅く推移した。これは、Jリートに限らず、世界的にリート市場が株式市場をアウト・・・・

続きを読む