■今期は4期連続過去最高益更新へ

 綿半ホールディングス <3199> は30日、19年3月期第3四半期連結業績を発表した。
 
 業績は、売上高が前年同期比1.2%増の778億24百万円、営業利益が同16.8%減の14億66百万円、経常利益が同15.0%減の15億75百万円、四半期純利益が同11.7%減の10億02百万円だった。建設事業の工事進捗が堅調に推移し、増収となったが、新規出店やアベルネットの株式取得などの投資費用により減益となった。
 
 小売事業は、売上高が前年同期比4.8%減の498億15百万円、営業利益が同27.2%減の10億28百万円だった。三鷹店を閉店したことやEDLC戦略の推進に伴い、一時的に客数が減少したことに加えて、利益面では、商品の共通化に伴う在庫処分の実施、可児店の新規出店コストなどの投資費用が発生したことが影響した。
 
 建設事業は、売上高が前年同期比16.5%増の244億89百万円、営業利益が同20.2%増の7億90百万円だった。受注・工事ともに順調に推移。また、採算性を重視した選別受注への取り組みが増益に寄与した。
 
 貿易事業は、売上高が前年同期比1.0%減の33億23百万円、営業利益が同7.2%増の4億37百万円だった。収益確保への取り組みが奏功した。
 
 今19年3月期業績は期初予想に変更はなく、売上高1028億10百万円(前期比0.4%増)、営業利益24億41百万円(同4.1%増)、経常利益26億04百万円(同4.1%増)、純利益15億36百万円(同3.6%増)とし、4期連続の過去最高益更新となる。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)