RPAホールディングス <6572> (東マ)は、ロボットアウトソーシング事業およびアドネットワーク事業を主力としている。需要が高水準に推移して19年2月期大幅増収増益予想である。20年2月期も収益拡大基調だろう。なお東証1部への市場変更申請を行っており、2月14日~2月21日に立会外分売(10万株)を予定している。株価は戻り一服の形だが、調整一巡して上値を試す展開が期待される。
 
■RPAサービスなど展開
 
 RPA(Robotic Process Automation)技術や、AI(人工知能)技術を活用して、人事・経理・営業事務などの定型業務代行プラットフォーム「BizRobo!」を提供するロボットアウトソーシング事業、およびアフィリエイト型広告サービスやBtoBマーケティングサービスのアドネットワーク事業を主力としている。RPAサービス「BizRobo!」の利用企業数は19年1月時点で1000社を突破した。
 
■19年2月期大幅増収増益予想、20年2月期も収益拡大基調
 
 19年2月期の連結業績予想(7月13日に売上高を上方修正、10月15日に売上高と利益を上方修正)は、売上高が18年2月期比2.2倍の91億04百万円、営業利益が94.7%増の9億06百万円、経常利益が89.2%増の8億52百万円、純利益が69.8%増の4億97百万円としている。ロボットアウトソーシング事業で「BizRobo!」利用企業数、アドネットワーク事業で会員数と課金売上が大幅伸長し、外注費、人材採用費、広告宣伝費などの先行投資負担を吸収する見込みだ。
 
 第3四半期累計は売上高が前年同期比99.8%増の58億34百万円、営業利益が61.1%増の5億57百万円、経常利益が58.8%増の5億36百万円、純利益が40.5%増の3億17百万円だった。ロボットアウトソーシング事業、アドネットワーク事業とも大幅伸長した。RPAサービス「BizRobo!」利用企業数は18年2月期末比218社増加の518社となった。
 
 第3四半期累計の進捗率は売上高64.1%、営業利益61.5%と低水準の形だが、ロボットアウトソーシング事業で「BizRobo!」利用企業数の増加ペースが加速しており、通期ベースでも好業績が期待される。そして20年2月期も収益拡大基調だろう。
 
■株価は調整一巡して上値試す
 
 株価(18年12月1日付で株式5分割)は戻り一服の形だが、調整一巡して上値を試す展開が期待される。なお第4回新株予約権は19年1月8日をもって行使が完了している。1月30日の終値は2984円、今期予想連結PERは約155倍、時価総額は約779億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)