コーア商事ホールディングス <9273> (東2)はジェネリック医薬品原薬の輸入販売を主力として、注射剤を中心とする医療用医薬品の製造販売も展開している。19年6月期大幅増益予想である。株価は12月安値から切り返している。底打ちして出直りを期待したい。
 
■ジェネリック原薬輸入販売と医薬品製造販売を展開
 
 18年6月東証2部に新規上場した。ジェネリック医薬品原薬の輸入販売(コーア商事)を主力として、注射剤を中心とするジェネリック医薬品の製造販売(コーアイセイ、コーアバイオテックベイ、コーア製薬)も展開している。商社機能と受託製造機能を併せ持つビジネスモデルである。
 
 なお子会社コーアイセイが独占禁止法第3条違反の疑いがあるとして公正取引委員会の立入検査を受けた。違反の事実はないと認識しているが、公正取引委員会の検査に全面的に協力するとしている。
 
■19年6月期大幅増益予想
 
 19年6月期連結業績予想は、売上高が18年6月期比9.3の162億円、営業利益が25.6%増の16億円、経常利益が24.8%増の15億90百万円、純利益が44.2%増の10億60百万円としている。
 
 第1四半期は売上高が31億61百万円、営業利益が1億56百万円、経常利益が1億53百万円、純利益が62百万円だった。
 
 第1四半期の進捗率は低水準だが、通期ではマキサカルシトール・炭酸ランタンの生産で医薬品製造販売事業の営業黒字化(18年6月期実績3億24百万円の赤字、19年6月期予想39百万円の黒字)を見込み、全体として大幅増益予想である。
 
■株価は底打ちして出直り期待
 
 株価(18年11月6日付で株式3分割)は、18年8月高値1930円から半値割れ水準となる12月26日安値805円から切り返している。底打ちして出直りを期待したい。1月30日の終値は944円、今期予想連結PERは約9倍、時価総額は約94億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)