アイリッジ <3917> (東マ)はO2Oソリューション事業をベースとして、電子地域通貨事業など事業領域拡大戦略を加速している。19年3月期(連結決算に移行して8ヶ月決算)は、月額報酬の伸長やM&Aの効果で実質増収増益予想である。中期経営計画では目標値に21年3月期営業利益4~5億円(18年7月期実績49百万円)を掲げている。中期成長が期待される。株価は地合い悪も影響して安値圏だが、調整一巡感を・・・・

続きを読む