シンガポールを本拠地として東南アジア各国でタクシー配車・予約サービスを展開するグラブ社(Grab)のベトナム現地法人であるグラブベトナム社(Grab Vietnam)は、米系ファストフード大手マクドナルド(McDonald’s)との間で、戦略的提携契約を締結した。

  提携により、両社の利用客に対してより価値の高い魅力的な優遇サービスを提供していく。一例として、グラブのフードデリバリーサービス「グラブフード(GrabFood)」を使ってマクドナルドの商品を注文すると、平均25分以内に商品を受け取ることが可能となる。

  また、グラブのプラチナ会員は、グラブフードを通じてマクドナルドの商品を購入した際にグラブのロイヤリティープログラム「グラブリワーズ(GrabRewards)」の5ポイントとの交換で10%の割引を受けることができる。

  両社は今後も提携による恩恵を活かして、様々なサービスをさらに開発していく。このほか、マクドナルド側は輸送にかかるコストと人員を削減するためグラブの貨物輸送サービス「グラブエクスプレス(GrabExpress)」の提携ドライバーを利用することや、グラブ側は顧客の獲得を図るためマクドナルドの複数の店舗を営業拠点にすることを検討している。(情報提供:VERAC)