ドル円は小幅な下落ながら109円台は維持。株価の下落と長期金利の低下にドル円は109円17銭まで売られたが、明日から始まる米中通商協議の結果を見極めたいとのセンチメントに動きづらい展開に。ドルが小幅に売られたことで、ユーロドルは1.1444まで上昇し、この日は終始1.14台で推移。株式市場は大幅に反落。キャタピラーやエヌビディアの決算発表に失望し、市場全体が軟調となりダウは208ドル安。債券相場は反発。株価の下落から債券が買われ、長期金利は2.74%台へと低下。金は続伸し、昨年6月以来となる1300ドル台乗せに。原油価格は反落。 ドル/円 109.17 ~ 109.49  ユーロ/ドル ・・・・

続きを読む