米連邦準備制度理事会(FRB)が、バランスシート縮小の停止を議論しているとの報道が話題を呼んでいる。米ウォールストリート・ジャーナル紙は、「FRBは、2年前に開始したバランスシートの縮小を予想よりも早い段階で終了する事を決める調整に入っている模様だ」と伝えた。また、「FRBではなお、その戦略や市場への伝達方法を巡り詳細を詰めている」とした上で「1月29-30日に開く連邦公開市場委員会(FOMC)では、保有債券の縮小計画が最大の注目点となる可能性がある」としている。ブラックアウト期間(FOMC前の発言禁止期間)内にこうした報道が出た事を、FRBからの市場へのメッセージと受け取る向きは少なくない。

続きを読む