ドル円は株価の上昇や、米政府機関閉鎖を一時的に解除することが決まったことで上昇。再び110円を試す動きが見られたものの、109円95銭で天井をつけ反落。トランプ大統領が再び政府機関を閉鎖する可能性に言及したことがドル売りを誘い、109円46銭まで下落。ユーロドルは小幅に上昇。前日1.13を割り込んだものの、再びドル安の流れが強まり、1.1418前後まで上昇。

 株式市場は揃って上昇。政府機関閉鎖解除の合意や好調な企業決算などを手がかりにダウは183ドル上昇し、ナスダックも91ポイント上昇。債券相場は反落。長期金利は大幅に上昇し、2.75%台に。金と原油はともに上昇。 政府機・・・・

続きを読む