パイプドHD <3919> は、情報資産プラットフォーム「スパイラル」を基盤として、情報資産プラットフォーム事業や販促CRMソリューション事業などを展開している。19年2月期は先行投資負担で減益・減配予想だが、20年2月期の収益改善を期待したい。株価は安値圏から切り返して調整一巡感を強めている。出直りを期待したい。
 
■情報資産プラットフォーム事業などを展開
 
 国内最大規模の情報資産プラットフォーム「スパイラル」を基盤として事業展開している。
 
 セグメント区分は、情報資産プラットフォーム事業(スパイラルやBizBaseなどのクラウドサービス提供)、販促CRMソリューション事業(Webシステムの開発、ECサイトの構築・運営支援)、広告事業(インターネット広告代理販売)、xTech事業(ArchiTech:BIM事業、BeauTech:美歴、HRTech:オーダーメイド人材育成代行、FinTech:エルコイン)、社会イノベーション事業(政治山、I LOVE 下北沢、シモキタコインの運営)としている。
 
 情報資産プラットフォーム事業は、契約数増加に伴って月額サービス収入が拡大するストック型の収益構造である。なお広告事業の売上高は、広告枠の仕入高を売上高から控除する純額表示(ネット表示)としている。
 
■中期経営計画で20年2月期営業利益17億円目標
 
 中期経営計画2020ではテーマに「リ・イノベーション」を掲げている。重点戦略として、リアルビジネスとの接点の強化、イノベーティブな事業への挑戦、グループ全体の採用・育成の強化、グループ各社の情報資産の有効活用を推進する。目標数値は20年2月期売上高73億円、営業利益17億円としている。
 
 17年12月には電子地域通貨プラットフォームを提供する新会社エルコインを設立した。18年2月にはメディコムおよびトライベック・ストラテジーの2社と共同で、製薬企業向けマーケティングオートメーションパッケージ「BtoD」を開発した。またO2Oアプリ「NEARLY」を提供するipoca社の第三者割当増資を引き受けた。
 
 18年3月にはエルコインの子会社としてシモキタコインを設立した。エルコインが提供する電子地域通貨プラットフォームにおける発行事業者第1号として、下北沢で行われるイベントや商業施設等で利用される電子地域通貨を発行する。18年4月には美歴が資本業務提携パートナーの募集を開始した。
 
■19年2月期減益・減配予想、20年2月期の収益改善期待
 
 19年2月期連結業績予想は、売上高が18年2月期比12.8%増の58億円、営業利益が33.4%減の5億円、経常利益が34.6%減の4億90百万円、純利益が34.5%減の3億円としている。配当予想は9円減配の年間12円(第2四半期末4円、期末8円)としている。予想配当性向は30.4%となる。
 
 第3四半期累計は売上高が前年同期比5.8%増の40億30百万円、営業利益が53.3%減の2億81百万円、経常利益が54.3%減の2億75百万円、純利益が56.7%減の1億61百万円だった。情報資産プラットフォーム事業や広告事業が牽引して増収だが、人材関連の先行投資で減益だった。
 
 情報資産プラットフォーム事業は2.7%増収だが27.3%営業減益、販促CRMソリューション事業は7.6%減収で71.2%営業減益、広告事業は2.5倍増収で営業黒字化、xTech事業は5.3%減収だが営業赤字拡大、社会イノベーション事業は31.1%増収だが営業赤字が拡大した。
 
 通期ベースでも積極的な人材採用などの先行投資負担で減益予想である。なお第3四半期累計の進捗率は売上高69.5%、営業利益56.3%である。先行投資の効果発現やストック収益の積み上げで20年2月期の収益改善を期待したい。
 
■株価は調整一巡感
 
 株価は急落した1月4日安値751円から切り返して調整一巡感を強めている。出直りを期待したい。1月25日の終値は937円、今期予想連結PER(会社予想の連結EPS39円46銭で算出)は約24倍、今期予想配当利回り(会社予想の年間12円で算出)は約1.3%、前期実績連結PBR(前期実績の連結BPS311円51銭で算出)は約3.0倍、時価総額は約76億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)