東京市場のドル/円は、英国の欧州連合(EU)離脱に対する楽観的な見方が広がる中、日本株の上昇などを支えとして109.80円台まで上昇しました。ただ、節目の110.00円を超えるには至らず、その後は足踏みを続けています。欧米市場の動きが気になるところですが、まずは注目材料を確認しておきましょう。 1/25(金) 18:00☆1月独IFO企業景況感指数 ----   世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議、最終日)  ※☆は特に注目の材料

 米連邦公開市場委員会(FOMC、29-30日)、米中高官級通商協議(30-31日)、米1月雇用統計(1日)などの重要イベントを来週に控え・・・・

続きを読む