昨日のドル/円は109円台で方向感なくもみ合った。米長期金利が低下する中で上値が重かった一方、ユーロに対するドル買いが下値を支えた。このところ、きわめて狭いレンジで推移しており、これまでのところ今週の値幅は1円未満にとどまっている。

 本日も週末を控えて動意は高まりにくいだろう。なお、来週には英・欧州連合(EU)離脱=Brexit協定修正案の議会採決(29日)や、米連邦公開市場委員会(FOMC、29-30日)、米中高官級通商協議(30-31日)、米1月雇用統計(1日)など重要イベントが目白押しだ。本日のドル/円は、突発的なニュースがなければ、今週の取引レンジ内(109.15円前後-109.99円前後)で推移する公算が大きい。

 本日の予想レンジ:109.100-109.900円(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)