格安航空会社(LCC)最大手ベトジェットエア[VJC](Vietjet Air)は、2月5日に旧暦1月1日を迎えるテト(旧正月)の繁忙期の需要増に応えるため、1月20日から2月19日までベトナム国内線および国際線で計2500便(座席数50万席)を増便する。

  これにより、同期間中におけるベトジェットエアの運航便は、国際線4000便余りを含めて前年同期比+16%増の計1万2500便(座席数250万席)余りとなる。

  VJCは現在、エアバスA320型機およびA321型機合わせて60機を投入し、1日あたり385便を運航している。同社は105路線に就航し、ベトナム国内各地のほか、日本、香港、シンガポール、韓国、台湾、中国、タイ、ミャンマー、マレーシア、カンボジアなどの各都市を結んでいる。

  なお、VJCは、ベトナム~日本線として、2018年11月8日に大阪(関西国際空港)~ハノイ(ノイバイ国際空港)線を、同年12月14日に大阪~ホーチミン(タンソンニャット国際空港)線を、今年1月11日に東京(成田国際空港)~ハノイ線をそれぞれ就航している。(情報提供:VERAC)