クレスコ <4674> はビジネス系ソフトウェア開発を主力として、カーエレクトロニクス関連などの組込型ソフトウェア開発も展開している。19年3月期は受注が高水準に推移して9期連続増収増益予想である。株価は地合い悪が影響して安値圏だが、18年8月の昨年来安値を割り込むことなく下げ渋りの動きを強めている。調整一巡して出直りを期待したい。なお2月5日に第3四半期決算発表を予定している。

  ■ビジネス系ソフトウェア開発が主力で組込型ソフトウェア開発も展開

 

 ビジネス系ソフトウェア開発(アプリケーション開発、基盤システム構築)事業を主力として、組・・・・

続きを読む