リオン <6823> は、前日22日に前日比変わらずで寄り付いたあと60円安の1691円と続落して引けた。日経平均株価が、3営業日ぶりに反落し、東証第1部の売買代金が、1兆7310億円と約5カ月ぶりの薄商いとなったことから、同社株にも目先の利益を確定する売り物が続いた。ただ同社は、今年1月30日に今2019年3月期第3四半期(2018年4月~12月期、3Q)決算の発表を予定しており、下値には前期の3Q決算開示時に発表した前期配当の増配と同様に、連続増配期待を高め、割安修正買いが入っている。業績面でも今期第2四半期(2018年4月~9月期、2Q)累計業績が、期初予想を上ぶれ連続増益率を伸ばして・・・・

続きを読む