米中貿易摩擦の激化で注目度が高まっている中国の国際収支だが、中国国家外貨管理局が発表した2018年7-9月期の国際収支統計によると、国外資本の直接投資による流入が大きく減少し、貿易信用による流入が増加した。大和総研経済調査部の研究員 中田理惠氏は1月21日に「中国:資金流入ペースに陰りの兆し」と題したレポート(全6ページ)を発表した。対米輸出の減速懸念がある中国では、「対内直接投資の減少が一時的となるか今後・・・・

続きを読む