プロパティデータバンク <4389> (東マ)は、不動産運用管理に関するクラウドサービス「@プロパティ」を主力とする「BtoBの不動産テック企業」である。19年3月期増収増益予想である。株価は12月安値から切り返しの動きを強めている。18年6月IPO時の高値からほぼ3分の1水準で底値圏だろう。出直りを期待したい。

  ■不動産管理クラウドサービス「@プロパティ」が主力

 

 18年6月東証マザーズに新規上場した。不動産の運用管理に関する統合資産管理クラウドサービス「@プロパティ」を主力とする「BtoBの不動産テック企業」である。企業の不動産・・・・・

続きを読む