本日発表された中国10-12月期国内総生産(GDP)は、前年比+6.4%とリーマン・ショック直後の2009年1-3月期以来の低い伸びとなった。2018年通期の成長率でも、前年比+6.6%と天安門事件直後の1990年以来、28年ぶりの低水準にとどまった。もっとも、世界第2位の経済大国の成長鈍化をアジア市場が悲観的に捉えた様子はなく、午前のアジア株は総じて堅調だ。むしろ、中国の減速が想定内にとどまった点などから・・・・

続きを読む