カナダドル/円は、1月3日のフラッシュクラッシュに巻き込まれて一時76円台へと差し込んだがその後は目覚しい反発を見せており、昨日のNY市場では82.50円台まで上伸する場面もあった。カナダドル/円がさらに上値を伸ばせるかどうかは、カナダの主要輸出品である原油価格の動向と本日発表されるカナダ12月消費者物価指数の結果がカギとなりそうだ。NY原油(WTI)は、昨年末に42ドル台まで下落したが、足元では世界景気を巡る過度に悲観的な見方が後退する中で52ドル台に反発している。11日に付けた戻り高値53.31ドルを超えられれば、上昇に弾みが付きそうだ。

 一方、本日発表予定のカナダ12月消費者・・・・

続きを読む