昨日のドル/円は小幅ながらも続伸。一時は109.40円前後まで上昇して1月2日以来の高値を付ける場面もあった。なお、1月2日の高値は109.73円前後。今のところこれが月初来高値であり年初来高値でもある。これを上抜けて、110円突破の足がかりとできるかが本日以降の見どころとなろう。

 ただ、12月日銀短観で示された大企業・製造業の想定為替レートである109.41円付近では引き続きドル売り・円買いが出やすいと考えられる。110円台回復に向けて上伸するためには、これらの戻り売りを飲み込むだけの強材料が必要となりそうだ。

 本日の予想レンジ:108.600-109.700円(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)