東京市場のドル/円は、輸出企業のドル売り観測や日本株の反落が重しとなり、一時108.80円台まで弱含みました。ただ、売りが一巡すると109.00円台に小戻すなど方向感に欠ける展開となっています。欧米市場の動きが気になるところですが、まずは注目材料を確認しておきましょう。 1/17(木) 19:00 ユーロ圏11月建設支出  19:00 ユーロ圏12月消費者物価指数(HICP)・改定値 20:00・・・・

続きを読む