英議会で内閣不信任案が否決されたことや、米銀の好決算などからドル円は109円台を回復。一時は109円20銭までドル高が進む。ユーロドルは小幅に下落。英議会の混乱がひとまず沈静化するとの見方から、ドルが買われユーロが売られ、1.1385まで下落。株式市場は続伸。ゴールドマンの決算が好感され、同社株は急伸。ダウは141ドル上昇し、2万4200ドル台を回復。債券相場は続落し、長期金利は小幅に上昇。金と原油はともに上昇。 12月輸入物価指数      → -1.0% 1月NAHB住宅市場指数   →  58 ドル/円 108.68 ~ 109.20 ユーロ/ドル 1.1385 ~ 1・・・・

続きを読む